不眠症にも様々な症状があることを学びましょう

サイトマップ

トップバナー

不眠症と症状

何度も続き慢性化してしまうと不眠症

不眠症と聞くと、眠れない症状だと思うかもしれませんが、多くの人の意見では、実際の不眠症は眠れないだけではなく、様々な症状があるという意見を聞くことが出来ると思います。例えば、寝つきの悪さ、眠りの浅さ、熟睡できない、夜中に何度も目が覚める、短時間しか眠れないなどの理由があるのです。

このような症状が一度起きてしまっただけで不眠症という診断にはならないのですが、何度も続き慢性化してしまうと不眠症という診断が下されます。自分ではよく眠っているような気がしていても、先にご紹介致しました症状を感じているのであれば、気をつけましょう。

日常生活に支障

自覚症状がなくとも、起きた後にどうしようもなく眠たかったり、だるさや気持ちの悪さがあるのであれば、不眠症予備軍かもしれないので、全てが安心出来るとは言えないのです。不眠症で悩んでいる人が現在は、とても多くなっています。原因はストレスが多いのですが、5人に1人は睡眠に関しての問題を持っているといわれています。

不眠症は以外と身近なものなので、早目に解決しなければならないのです。それぞれに適した睡眠をとる方法でなければ意味がありません。満足するほど眠れない状態が継続すると日常生活に支障が出てきてしまいます。また、周りに理解されることは難しいので自分でケアしていきましょう。

症状

ポイント

不眠症の症状は、入眠困難、熟睡障害、中途、早朝覚醒という症状があると不眠症だと診断されることがあります。不眠症はこのような症状が最低でも3回以上、最低でも1ヵ月以上続いている状態であれば不眠症の可能性が高まります。不眠症は慢性的にこのような睡眠障害が起こっている事を表しています。

不眠症の解消をするためには、それぞれに適した解消法を見極める力があるのです。現在、不眠症の方、その予備軍かもしれないと思う方は睡眠の状態を振り返ることによって自分がどうなのかを判断することが出来ると思います。人に判断してもらえる範囲の事ではありません。

原因も突き止めることができれば解消しやすい
うとうとする

例えば、1度寝たのに起きたり、寝苦しくて途中で起きたり、そのあと眠れなくなってしまったり、寝なくてはならないのに眠れなかったり、一過性の物では不眠症とは何ら関係はないので特に気にする必要はないと思います。誰もがたまにはこう行った日はあると思います。

症状が1ヵ月以内しか続かない場合には、一時的な短期不眠の症状なので特に心配入らないと思います。発熱が原因となり、身体的な要因、ストレス が原因となり、心的要因で起こっている場合が多くあるので、原因も突き止めることが出来れば、解消しやすいと思います。 心的なものが原因の場合は、一番の解決策はストレスをためないようにすることが一番ですので、一日の中で何か、自分でできる ストレス発散方法を作っておくとよいでしょう。

不眠症の解消方法の基礎的知識