効果的なツボで不眠症を解消できることを知りましょう

サイトマップ

トップバナー

不眠症解消方法に効果的なツボ

眠くなるまでやってみる

眠れない、寝つきが悪い、寝た気がしない、眠りが浅い、熟睡できない、不安やストレスなどが原因となり不眠や寝不足となってしまう、不眠不足に悩んでしまう人はツボのマッサージを試してみるとよいでしょう。眠くなるまでやってみようという気持ちで行ってみるとよいでしょう。

涌泉のツボ

20代から30代の若い人で朝早くに目が覚めて、それから眠れなくなるという不眠症はうつ病の初期症状だとも言われています。全てがそうだとは一概に言えないのですが、生真面目な方に多い症状のようです。早朝に目が覚めたときに気力がなかったり、落ち込んでしまうというようなことが続けば不眠症を疑いましょう。

まずは、涌泉のツボです。涌泉は足の裏にあるツボで足の裏の3分の1程度の中央にあるツボで、足の裏を曲げると少しくぼむ場所です。ツボをてのひらで両足100回程度さすり、足の裏が熱くなれば終了しましょう。さする前に足をお湯で温めることによって更なる効果を期待できるようになります。

頭のツボ

ポイント

印堂のおツボは、指先でマッサージするツボです。印堂は眉とまゆの間にあるツボ で、100回程度指先でこすりましょう。リラックス感を感じれば終了し、太陽のツボ と同様に指先で軽くマッサージすることを心がけましょう。こめかみの脇のへこん だ場所に太陽のツボがあります。

気持ちがリラックス
おでこ

ひたいの上の髪の生え際付近を熱くなるまでさすりましょう。さすることによって気持ちがリラックスし、何となく眠たくなったような気持ちになることが出来ると 思います。気持ちがリラックスし、眠くなったのであれば、部屋をなるべく暗くし、 静かに布団の上で目をつぶり、ぼーっとしていると眠ることが出来るでしょう。初めは不眠に悩んでいる人はどうしても 眠れない、という思いが強くすぐには眠りにつけないかもしれませんが、慣れるとリラックスして眠れるようになりますよ。

不眠症の解消方法の基礎的知識