不眠症にも様々な症状や種類があることを学びましょう

サイトマップ

トップバナー

入眠障害

なかなか眠ることが出来ない不眠症の症状

入眠障害は眠ろうとしても、なかなか眠ることが出来ない不眠症の症状のことを指していることを覚えておきましょう。よし眠ろうと思っても、布団に入り、すぐに眠れることが出来ず、30分以上は眠るまでに必要になるのです。それを本人が苦痛に感じれば不眠症だと判断されます。

解消するためには、原因を探さなければならないのです。入眠障害の原因として考えられることをご紹介いたします。まずは、ストレスです。ストレスを感じると、寝つきが悪くなってしまいます。例えば、大切な仕事の前日など、少しの緊張感がストレスとなり、入眠障害という不眠症になる可能性があります。

昼過ぎまで寝ずに早く起きるとよい

大抵は緊張が解消されることによって、寝つきの悪さも解消されます。起床時間の遅さがあげられるのです。当たり前の話なのですが、起きる時間が遅いと夜眠れなくなりますよね。休みの日だからといって、昼過ぎまで寝ずに早く起きるとよいです。次は運動不足ですね。

睡眠は体が適度に疲労を感じるときでなければ、眠ることが難しくなるのです。眠れないと感じ、運動不足だと思っているのであれば、夕食後のウォーキングなど、少し体を動かすことによって眠り安くなるのです。あとは、太陽の光を浴びて、体内時計の調整を行いましょう。

熟睡障害

ポイント

熟睡障害は、眠っているのに眠りが浅くて熟睡することが出来ない不眠症の症状の ことです。眠りが浅い状態だと疲れをとることが出来ずに、だるさが残ってしまい ます。熟睡することが出来ないと、途中覚醒といい、夜中に何度も目が覚める症状 になってしまうことがあります。

解消するためには、原因を探すことが必要になります。睡眠障害の症状をご紹介いたしますので、参考にしてみてください。不眠症の症状の熟睡障害は、熟睡感を得ることが出来ない人が多いようです。他の人から見ると寝すぎな程に眠っているのに、本人は眠っている感覚になることが出来ないという症状です。

レム睡眠とノンレム睡眠
睡眠の種類

睡眠には、レム睡眠とノンレム睡眠が存在しています。眠りが深い状態のことを言っています。眠気を感じてる症状には、1から4段階の睡眠段階が存在し、睡眠が浅く数字が大きい程に眠りが深くなっていることを表しているのです。睡眠を感じている症状のことになります。

睡眠障害の方は、この段階の1から2の比較的に浅い睡眠を繰り返していることが多いとされ、熟睡するこ とが出来るというのはとてもつらいことです。解消するためにはリラックスする方がよいのです。自分 でリラックスできると思ったことを実践し、自分に適した方法を探しましょう。本やネットでも参考になる方法が沢山あると思いますので、 その中でも自分が行いやすい方法を探して試してみましょう。

不眠症の解消方法の基礎的知識