自分の症状を知ることでなるべく早く治療を開始しましょう

サイトマップ

トップバナー

不眠症を治療する

自己判断が間違っていることもある

不眠症で悩んでいる方は、どうして自分が不眠症なんだろうと思ってしまうのですが、不眠症でも様々なことについて調べたり、対策を工事たりしていると思います。不眠症について、様々なことを調べたり、解消法を探してみましょう。ネットなどで調べても自分の症状を当てはめるとよいでしょう。

実行してみても解消しない場合には、自己判断が間違っていることもあるのです。最悪の場合、不眠症の症状が悪化してしまうこともあるのです。危険性が自己判断にあるということを忘れず、眠れないからといって絶対にそれが不眠症になることもあるのです。

ストレスや旅行などの環境の変化

大抵の場合には、環境の変化などの一過性で起こることが多くあります。何日間か眠りが悪いからといってすぐにあせらなくてもよいのです。人間って日常生活ではパターン化したこともあります。睡眠もその中の1つになります。ストレスが旅行などの環境の変化でパターン化してしまいます。

ストレスや旅行などの環境の変化でおかしくなってしまいます。不眠となってしまう可能性があるということです。大体は先ほど書きましたが、一過性の物でも心配はないと思いますが、原因が明確でない場合は解消することが出来ないので、その際には医師に相談しましょう。

隠れ不眠症

ポイント

毎日、きちんと寝ている人は自分が不眠症になっているとは誰も思いませんよね。 寝ているはずであるのに、昼間にすごく眠くなってしまったり、だるさを感じたりするというのであれば、不眠症の予備軍かもしれません。隠れ不眠症の疑いがあるのです。きちんと寝ているのに、日中眠気がある方は、熟睡できずに眠りが浅い状態が続いている人です。

この状態は、身体も脳もきちんと休めている状態ではないのです。不眠症の1つとなるのです。このような状態となるのは、交感神経が関係してるといわれていて、交感神経は身体や脳が活発に動けるようにサポートしている神経で、身体や脳を休ませる為に動き神経のことを副交感神経と呼ばれています。

隠れ不眠症の解消方法
適度な運動

昼間の活動している時間帯は交感神経、夜寝ている時間帯は副交感神経、活発に働くのはバランスが取れているということになります。通常は、交感神経から副交感神経の切り替えがスムーズなので、きちんと眠れていることになります。昼間に運動をしすぎると動きすぎてしまうので、注意が必要です。

考え方の1つですが、眠りが浅いタイプの不眠症の解消方法の質よりも、量でやってみる必要があるのです。睡眠時 間が足りないことによって、不眠症になっているのであれば、いっそのことでもすぐに睡眠時間を補ってし まえばいいのです。隠れ不眠症の解消方法の1つとして試してみるとよいでしょう。自分は不眠症ではないと思っていても、実は 不眠症だった、ということ大いにあるのです。身体に影響がないうちは良いですが影響を感じたら、なんらかの対策が必要です。

不眠症の解消方法の基礎的知識