数種類ある症状について知っておきましょう

サイトマップ

トップバナー

睡眠障害

睡眠障害の中にも様々の種類がある

睡眠障害の1つとしては、不眠症があげられるのです。大枠が睡眠障害ということになるのですが、睡眠障害の中にも様々の種類があるのでご紹介いたします。自身がどれほどの種類を知り、どの睡眠障害になっているのかを明確することによって解消方法を理解することが出来るのです。

始めは、睡眠症です。寝つきが悪く睡眠が長続きしないことが多くあり、障害となり、睡眠に現れることを示しているのです。過眠症という症状です。昼間に強い眠気が襲ってきて、眠くなってしまうことです。一度眠ってしまうと、中々目を覚ますことが出来ない症状です。

一過性、短期、長期と別れている不眠

次は、リズムが乱れるということです。人間の体は朝になると起き、夜になると眠くなるというリズムが作られています。この生活リズムを1日の24時間の中で行っているのです。睡眠バランスが崩れてしまうことによって、体に変化が加わってしまい、不眠症になるのです。

最期は不眠です。眠っていたとしても悪夢や何かしらの理由で睡眠自体が邪魔して きちんと眠れない状態です。このようにしてみると睡眠障害には様々な種類がある 事を見てとれると思います。一過性、短期、長期と別れている不眠ですが、長く続 くことによって専門の病院にいかなければならなくなります。

不眠症で病院

ポイント

最近、不眠症、睡眠障害で頭を抱える方が多くなっているようです。自分で症状を 自覚して、解消しようと思っていても病院に行こうと思ったとしても、何科にいけ ばよいのかわからずに、最期には病院に行くことすらやめてしまうこともあります。 不眠症の治療の為でなく、今通っている病院があるのであれば、そちらで相談して みるとよいでしょう。

きっと何かしらのアドバイスをもらえたり、睡眠導入剤を処方してくれる可能性、 他の病院の紹介などもあると思います。初めて病院に行くのであれば、初めは精神 科や心療内科等が良いと思います。病院に行くと決定した際には、自分がどういっ た不眠症の症状で悩んでいるのかをまとめましょう。

自分の症状を見つめ直す
疲労

寝付くまでにどの程度の時間がかかるか、原因に心懸かりがあるかなどを明確にしていきましょう。考え直すことによってスムーズな動きをすることが出来ます。自分でカウンセリングしていくことによって、気付かないことや新しい症状に気付くことが出来るでしょう。

自分が寝ている最中に起こったことは、自分で理解することが出来ません。自分の症状を見つめ直すことによって診察のスムーズさ、病院に行くことに対しての心構 えをすることもでき、病院に行くことも不眠症の解消には適切な手段だと思います。 恐れずに、一度病院に行ってみるとよいでしょう。何もなければそれだけでも安心感を得られますよね。

不眠症の解消方法の基礎的知識